バガボンドについて井上雄彦先生が語っていること(公式ツイッター編)

バガボンド 井上雄彦コミック

バガボンドが休載中でなかなか連載再開とならず、2014年に37巻が発売されて以降は最新刊が発売されていません。

そんなバガボンドについて作者である井上雄彦先生は、これまでどんなことを語っているのかを調べるために、公式ツイッターをチェックしてみました。

井上雄彦先生のツイートを一部紹介していきたいと思います。

井上雄彦先生がツイッターを始めたのはいつ?

井上雄彦先生がツイッターを始めたのは2010年11月からです。

どうやら最初のツイートがうまくいったのかどうかが分からなかったようですね。

バガボンドについての初投稿

そして、「バガボンド」について初めて投稿したのは、ツイッターを開始してから約1年後くらいの2011年10月3日でした。

バガボンドの打ち合わせということで、気合が入っているようですね。

バガボンド連載再開に向けて

バガボンドは2010年から1年半ほど休載していましたが、その間にも連載再開に関する情報を書いています。

2011年11月4日には、バガボンドの再開に向けてネームの構想や、編集部との打ち合わせについての状況も報告しています。

3か月経った2012年2月8日には、再開間近であると書いています。

そして、ついにバガボンドが再開されるモーニングの掲載号が発表されました。

バガボンドの連載再開となるのは、2012年3月15日発売の週刊マンガ誌「モーニング」16号。

もし今後、バガボンドの連載が再開する場合も、こんな感じで告知してくれるのかもしれませんね。

バガボンドのロゴについて

バガボンドのロゴでしたが、実は気分を表して変えているんですね。

現在は3代目のロゴとのこと。

コミックス「バガボンド」34巻から表紙のロゴが変更となりました。

バガボンド33巻まで使用されていた2代目のロゴはこちら。

バガボンド34巻から使用している3代目のロゴはこちら。

週1で連載されていたバガボンドでしたが、連載再開後は月1回のペースとなっています。

バガボンドのネームを考えるために、川に行ったりもするようです。

下書き原稿ができるまでセリフのほとんどが変わる場合もあるようです。

右手や背中、首など体調を崩して治療もしているようです。

バガボンドに関する最後のツイートは、2015年5月21日でした。

というわけで、2011年10月~2015年5月までの井上雄彦先生がツイッターで書いたバガボンドについて見てきました。

バガボンドの再開についてやロゴ、体調など様々なツイートがありましたが、他にも打ち合わせや担当者、スタッフ、食事などについても書いていたりするので、また別の機会に紹介できたらと思います。

どんなことを書いているのか気になるという人は、井上雄彦先生のツイッターをチェックしてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい「バガボンド」に関する記事はこちら

バガボンド38巻の発売日がいつになるのか気になるところですが、これまでの発売ペースから考えて発売予定日を予想してみました。

バガボンドが完結しないのか、それとも完結するのか?それは連載が再開しないことにはわかりませんが、休載はいつまで続くんでしょうね。

バガボンドの最新刊が発売されるまでは、井上雄彦先生の他の作品でも読んで気長に待ってみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました