【継母の連れ子が元カノだった】11巻の発売日は?最新刊10巻までの発売日から予想してみた

小説 継母の連れ子が元カノだった 11巻 発売日2023年4月に発売される漫画・小説

「継母の連れ子が元カノだった」は紙城境介(原作)による小説ですが、現在9巻まで発売されています。

小説「継母の連れ子が元カノだった」の最新刊がいつ発売されるのかを調べてみたところ、次に発売される10巻の発売日は2023年4月1日とのことです。

そこで、11巻の発売日がいつ頃になるのか小説「継母の連れ子が元カノだった」10巻までの発売日を参考に予想してみました。

小説「継母の連れ子が元カノだった」の発売日一覧

小説 「継母の連れ子が元カノだった」11巻の発売日を予想するために、まずは各巻の発売日、そして次の巻が発売されるまでの日数を1巻から順番に調べてみました。

発売日次の巻までの発売間隔
1巻2018年12月1日151日
2巻2019年5月1日214日
3巻2019年12月1日122日
4巻2020年4月1日153日
5巻2020年9月1日153日
6巻2021年2月1日179日
7巻2021年7月30日185日
8巻2022年1月31日151日
9巻2022年7月1日274日
10巻2023年4月1日

それでは次に小説 「継母の連れ子が元カノだった」11巻の発売日がいつになるのか予想してみます。

「継母の連れ子が元カノだった」11巻(小説)はいつ発売される?

小説 「継母の連れ子が元カノだった」の発売間隔の平均は約176日、最も多い発売間隔の1つは153日、最も長い発売間隔は274日ということがわかりました。

発売間隔次の巻までの発売間隔
平均約176日
最多153日
最長274日

これらの発売間隔から計算すると、小説 「継母の連れ子が元カノだった」11巻の発売日はそれぞれ2023年9月24日、2023年9月1日、2023年12月31日と予想されます。

発売間隔発売予想日
平均2023年9月24日
最多2023年9月1日
最長2023年12月31日

ただ、小説 「継母の連れ子が元カノだった」は1日に発売される場合が多いので、平均で求めた約176日後に近いのは2023年10月1日、最も多い発売間隔の153日後に近いのは2023年9月1日、最も長い発売間隔の274日後に近いのは2024年1月1日となります。

発売間隔発売予想日
平均2023年10月1日(日曜日)
最多2023年9月1日(金曜日)
最長2024年1月1日(月曜日)

つまり、小説 「継母の連れ子が元カノだった」11巻の発売予想日は2023年10月1日または2023年9月1日、最長でも2024年1月1日くらいまでには発売されるかもしれません。

小説「継母の連れ子が元カノだった」最新刊の発売日(予想)

最後に、小説「継母の連れ子が元カノだった」11巻の発売予想日をまとめます。

まとめ
  • 発売予想日は2023年10月1日、または前後の月の1日付近
  • これまでの発売ペースなら2023年9月1日の可能性が高い
  • どんなに遅くても2024年1月1日前後には発売されると予想

小説 継母の連れ子が元カノだった 10巻までの発売日を参考にして11巻の発売予想日を紹介しましたが、最新刊の発売日は未定です。状況によっては予想日よりも遅い発売日になる場合があります。

作者の体調や仕事の関係のほか、継母の連れ子が元カノだったがアニメ化、ドラマ・映画などの実写化などが決定すると、発表するタイミングや放送・公開の時期などによっても発売日が延期されたりする可能性もあります。

小説 継母の連れ子が元カノだった 11巻の発売日に関する公式発表がありましたら、次は単行本12巻の発売日予想を紹介していきます。

コメント

 

タイトルとURLをコピーしました